フラット35審査落ちた理由口コミは?申請する時の一戸建ての条件とは?

中古住宅を購入する場合、フラット35の申し込みをする際には、その中古住宅が住宅金融支援機構が定めている技術基準に適合しているということを提出する必要があります。
提出には適合証明書を取得する必要もありますので、必ず申請をするようにしましょう。
基準の項目は、一戸建ての場合住宅の規模は70㎡以上という決まりがあります。
マンションなどの共同住宅の場合は住宅の規模が30㎡以上という決まりがあります。
併用住宅の床面積は、併用住宅の床面積は全体の2分の1以上ないといけないという決まりが、これは戸建てでもマンションでも同じ規定です。
また、劣化状況は戸建ての場合土台や床などに腐っていないこと、蟻などの被害がないことなどの決まりがあります。
マンションでは外壁や柱などに鉄筋がむき出しになっていないことという決まりがあります。
フラット35審査落ちた理由は?【年収・勤続年数基準厳しい?】