針治療の特徴とは?

今、針治療を考えている人がいると思います。
そこで今回は、その特徴について紹介しましょう。
あなたは、ご存知かもしれませんが、針治療はその名の通りで、針を体にさして治療するものとして知られています。
その効果は、血行を良くすることでもたらされます。
(笑顔)針治療を行うことで、体の中の針を刺しますので、その部分を傷めることになります。
傷めた部分を修復しようとします。
体の機能が血行を良くします。
それによって肩こり、腰痛、筋肉疲労などが回復します。
そんなメカニズムになっています。
針治療は、東洋医学の流れになりますが、様々な流派があります。
その為、実際に針治療を受けようと考える時は、どの医院に行くかを考えておかなければいけませんね。
針治療で体の調子がよくなると感じている人は多いようですね。
(汗)それで治療をした当日より2日~3日後に効果を感じている人の方が多いようですね。
実際にそのように言われています。
それは先ほど述べた体の傷を修復するのに、体の血行が良くなります。
そして、針そのものが治療をするのではないと言うことを知っておいてください。
針治療を行う時は、患者本人の体の調子を確認します。
それにより、どの部分に刺激を与えれば良いのかを決めます。
また、針の長さは長いですよね。
ですから、患者の状態に応じて浅く刺したりしますし、逆に深く刺したりもします。
あなたも針治療をしてみてはどうでしょう!?(笑顔)。
当院でオステオパシーを受けたお客様の声